生命保険の加入で税金面でのメリットが発生!

生命保険に加入することでどんなメリットが発生するのでしょうか?税金と生命保険の関係性とは? - 生命保険の加入で税金面でのメリットが発生!

生命保険参考サイト

アーカイブ

更新情報

生命保険の加入で税金面でのメリットが発生!

あなたは生命保険の加入で税金面でのメリットが発生することを知っていましたか?
しかし一体なぜ生命保険の加入で税金面でのメリットが発生するのでしょうか?
あなたは日頃聞きなれない言葉ばかりで、考えるのが面倒だからといって放置していませんか。
税金について何も知らないまま申告すると、あなた自身が損をする可能性があります。
実は生命保険というのは、所得税と相続税と贈与税のなどのさまざまの税金が関わってくるのです
そこで今回はそんな生命保険の加入で税金面でのメリットが発生することについて紹介していきましょう。

保険料のお金の動きというのは

あなたが生命保険に加入した時にあなたは、保険の契約者になります。
契約者であるあなたは契約した保険の保険料を、保険会社に払う必要がありますよね?
この時には保険料控除と言って、保険料にかかる税金を控除してもらうことができるのです。

なぜ保険料の税金が控除されるの?

yjliu
保険料の税金が控除される理由は、生命保険というのはあなたが安心して生活する上で必要なこのになります。
あなたが安心して暮らしていけるようにするために、各個人、各家庭を守るという意味で国が支援をしてくれるため、保険料支払い時の税金の控除が行われるのです。

税金の控除を受けるためには?

生命保険は支払った年の課税所得から一定額を限度として控除を受けることができるのです。
その金額は生命保険に定められている計算式をもとに算出されて、課税所得の部分から控除されるという流れなのです。
企業に勤めている人は、毎年行われれる年末調整のタイミングで、会社が用意してくれた容姿の保険料控除欄に保険料を記入し、あなたが契約している保険会社からの保険料控除証明書を提出すれば、控除を受けることができるので、ぜひあなたも面倒がらずに手続きを行って欲しいと思います。
もしあなたが自衛の場合でも確定申告の際に、保険料控除証明書を共に提出すれば、控除を受けられます。

生命保険の死亡保険金はどうなるの?

生命保険の死亡保険金は、相続税の対象になってしまうので、税金を納める必要がありますが、残されてしまった遺族のために非課税の枠が認められているのです。
それは一人当たりにつき500万円が非課税で受け取ることができるのです。
これはどういうことかというと、もしあなたが現金での相続を行おうとすれば、その現金に対して相続税がかかってしまいますが、生命保険の死亡保険の場合には、500万円×法定相続人の数の分は非課税で受け取ることができ、残りの余った保険金に対して、相続税がかかるので、すべて現金で受け取るよりも税率をかなり抑えることができるのです。
例えば、あなたの家族が受け取ることができる生命保険の死亡保険金が3000万円だった場合に、あなたの家族の法定相続人の数が4人だった場合、一人当たりにつき500万円は非課税なので、2000万円は非課税で受け取ることができ、残りの1000万円に対して、相続税がかかるという仕組みになっています。

以上があなたが生命保険に加入することで税金についてメリットを感じてもらうための最低限の知識についてでした。
あなたがこれらのことを知っているのと知らないとでは、全然意味が違ってきます。
ぜひあなたが損をしないで最大限得をするためにもポイントをしっかり押さえておきましょう。
これから生命保険をあなたが検討するのであれば、最大限メリットを生かせる形で加入できるようにしてくださいね。
■生命保険加入をお考えの方はプロが選ぶ生命保険ランキングを参考にお選び下さい。

Copyright(C)2016生命保険の加入で税金面でのメリットが発生!All Rights Reserved.